トップ / 印刷の際にインクを抑える

印刷インクの節約

印刷の際にインクを抑える

ヒョウ柄プリント

印刷時にトナーを節約するには 

写真を多く使っているwebページや、大量の文書をプリンタで印刷する際に、トナーやインクの消費量が気になる方も多いでしょう。プリンタの設定でインクの濃度を変更することもできますが、その都度設定するのは手間になりますし、設定をし忘れることも考えられます。また、会社の場合には、プリンタを使用する社員全員に設定変更を徹底させるというのは難しいでしょう。そんな時、便利なのが「トナー・インク削減ソフト」。様々なメーカーから販売されていますが、いずれも印刷時に設定変更をしなくてもソフト側で自動で、トナー・インクの消費量を抑えてくれます。しかも単純に濃度を落とすよりもきれいに出力できます。ぜひお試しください。

webページで使用出来るカラー 

webページ作成時に使用されるカラーは、RGBという形式で作られています。これは、レッド、グリーン、ブルーの頭文字からつけられた名前で、印刷物などでよく使われるCMYKとは違うシステムです。例えば、フォトショップ上で紫を作りたい場合は、レッドとブルーの比率を調整することによって濃い紫を作ったり、赤みの強い紫を作ったりと細かい色指定ができます。印刷物を作る場合はこうして希望する色を作ればいいのですが、webページを作る際には注意が必要です。なぜなら、そのページを閲覧する環境によって、色が異なって見えるからです。そのためにRGBでは、どんな環境下でも正しく表示される色として、webセーフティーカラーというものが定められているので、出来るだけそのカラーを使うようにしましょう。

印刷会社のキホンの情報

  • 安くで封筒を印刷する
  • 特殊な印刷を依頼